散歩のしつけはどうやる?

子犬の散歩のしつけをする時に大切なことは、3つあります。

 

・左側を歩かせる
・他の犬とケンカさせない
・拾い食いさせない

 

子犬と散歩する時は、必ず左側を歩かせるようにしましょう。

 

そして、飼い主の歩く速度を意識させるようにしてください。

 

正しい位置、ちょうど良い速さの時に褒めてあげるようにします。

 

位置がおかしかったり、歩く速度が速い場合などは、リードを引いて違うということを教えましょう。

 

また、散歩中、他の犬と出会うと攻撃態勢に入ってしまい、ケンカを始めてしまうケースがあります。

 

そうならないようにするために、他の犬と接する機会を増やし、慣れさせることが大切です。

 

もし、ケンカを始めようとした場合は、「待て」と強く言い聞かせ、リードを引いてください。

 

それに、食中毒を予防するためにも、散歩中の拾い食いをさせないようにしましょう。

 

散歩中に物が落ちている場合は、リードを短く持ち、早めに通り過ぎます。

 

子犬の散歩のしつけをする時は、このようなことを意識してください。