病気させないためには?

子犬が病気にならないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?

 

子犬の病気を予防するためには、3つのことに注意しないといけません。

 

・ワクチン接種
・健康的な生活
・健康状態のチェック

 

子犬が病気にならないようにするために最も大事なことは、ワクチン接種です。

 

ワクチン接種を受けないと抗体がないので、感染症にかかりやすくなり、死亡率がアップします。

 

特に狂犬病の予防接種は法律で義務化されているので、必ず受けさせてください。

 

それに、子犬の生活が、偏った食事、過度なストレス、運動不足、コミュニケーション不足、不衛生な環境だと病気にかかる可能性が高くなります。

 

人間と同じように、乱れた生活を送っていると、生活習慣病を発症してしまうので注意してください。

 

また、子犬の場合は、食事の与え方にも注意する必要があります。

 

子犬は1回の食事でたくさんの量をとることができないので、一日3回〜4回に分けてあげてください。

 

子犬の健康状態を確認するためにも、異変がないかどうか排泄物をチェックしましょう。

 

もし、健康状態に問題がなくても、一年に1回くらいは健康診断を受けさせた方がいいですね。