待てや伏せのしつけやどうやる?

待てや伏せは、しつけの基本なので、しっかりと覚えさせましょう。

 

待てや伏せをしつけることで、子犬に我慢を覚えさせることができます。

 

待てを覚えさせる時は、まずお座りをさせてください。

 

そして、犬が動きそうになったら、手のひらを犬の鼻先に近づけ、「待て」といいます。

 

一定時間経ったら、「よし」と声をかけて、待ての状態を解除させます。

 

上手くいく度におやつをあげて、褒めてあげてください。

 

そうすることで、待てを理解することができます。

 

次に、伏せを覚えさせるには、おやつやオモチャなどを子犬の足元に下げていきましょう。

 

そうすると、子犬は前かがみになり、お腹が床に密着します。

 

その時に、「伏せ」と命令して、その状態をキープさせ、上手く行ったらおやつをあげて褒めてください。

 

待てや伏せのしつけは、このように行うと覚えるのが早いです。

 

ただ、なかなか上手くできないからといって、子犬を叩いたりしてはいけません。

 

時間をかけてゆっくりと覚えさせてください。